在宅ワークで高収入な人は一体何をしている?給料が高い在宅ワーク3選

在宅ワークで高収入な人は一体何をしている?給料が高い在宅ワーク3選

加智

こんにちは、加智です。本業はサラリーマンですが副業でクラウドワークスとランサーズを始めてから早3年、年収は副業のほうが上回るようになりました。副業のことなら僕に任せてください!


そろそろサラリーマンに飽きてきた皆さん。副業で在宅ワークを始めようとしていますか?

働き方改革が提唱され始めて数年、人によってはテレワークとして在宅勤務の人もいるでしょう。

また、昔は残業だらけの時代でしたが最近は18時に帰ることができる時代です。そうなると自宅に帰ってからやることがなくて暇している、なんてこともありますよね?

そこで、在宅ワーク給料を稼げたらどうでしょう?しかも思っていたよりも高い給料が貰えたらハッピーになること間違い無しですよね?

では今回は在宅ワークで高収入を稼げるサービスをご紹介します。

  1. ブログアフィリエイト
  2. プログラミング
  3. ライティング
  • 在宅ワークでも高収入なワケ
  • 在宅ワークで稼げる人の特徴
  • 本業からの乗換え方法
スキルを活かしたい人は

本業のスキルを生かす副業

ココナラなどで10万円以上稼ぐ方法

在宅ワークでも給料が高い理由

現代日本では在宅ワークで高収入を狙うことが可能!在宅ワークでがっつり稼ぎましょう!

「在宅ワークは稼げるものなのか?」という問いについてまずは回答していきます。

上記の問いに答えるため、在宅ワークでも稼げるというデータを示しておきましょう。厚生労働省の調査(平成24年)によると、在宅ワークの月収は30万円以上が全体の約20%となっています。

つまり在宅ワークを現在始めると5人に1人以上は月収30万円を手に入れられるということです。ただしこのデータでは副業で在宅ワークをしている人も含みますので専業だけのデータならもっと多いでしょう。

ちなみにこの月収30万円以上を稼いでいる人がどのような在宅ワークをしているのかといいますと、ブログアフィリエイトやプログラミング、ライティングなどをしている人が多いのです。

ブログアフィリエイトのデータとしましては下記のような声が上がっています。

上記の方はブログアフィリエイトで月収300万円を超える報酬を得ているのです。在宅ワークで月30万円以上を稼ぐことは決して不可能なことではありません。

またライティングでは下記のような声も上がっています。

上記のツイートの方は主婦で子育てをしながら月収30万円を達成しています。在宅ワークの魅力は主婦のように忙しい方でも月収30万円以上を稼げるという点。主婦で30万円を達成できるなら、専業の在宅ワーカーならより容易に月収30万円を稼ぐことが可能でしょう。

また労働時間を増やせば30万円以上も安定するはず。在宅ワークはもはや「稼げる仕事の仕方」といえるのです。

在宅ワークで給料が高い理由はネットの発達により、市場が拡大したことが挙げられます。ブログもここ数年で簡単に運営することが可能になりました。また現在ではクラウドソーシングを利用して誰でも簡単に在宅ワークを始められる時代になったのです。

その結果、仕事を発注する企業も容易にワーカーを雇えるようになり仕事の幅も広がりました。仕事の幅が広がったということは参入する企業の数も増え、自然に単価の高い仕事も増えたということ。

上記の理由からブログアフィリエイトやクラウドソーシングで簡単に高額報酬を得られるようになったのです。

Point

在宅ワークで月収30万円を稼ぐことは十分可能!

稼げる仕事はブログアフィリエイトやプログラミング、ライティング。

在宅ワークは高額報酬を稼げる働き方といえる。

クラウドワークス
クラウドワークス
クラウドワークストップページ
サービス名 クラウドワークス
サービス評価 ★★★★★
特徴 200種類以上の案件
東証マザーズ上場
会員数 208万人
案件種類 HP・LP・バナー・ロゴ制作
アプリ・ウェブ開発
ライティング等
月間報酬目安 月10万円以上稼ぐ人も!

クラウドワークスの無料会員登録ページ

高収入な在宅ワーク大公開

稼げる在宅ワークを選択すれば月収30万円以上も安定します。30万円あればひとまず安心ですよね!

高収入な在宅ワークをご紹介いたします。ここでは実際に在宅ワークで稼いでいる方のツイートも合わせてご説明しますので、参考にしてください。

ご紹介する在宅ワークは下記の3つです。

  1. ブログアフィリエイト
  2. プログラミング
  3. ライティング

1つずつご説明していきます。

ブログアフィリエイト

まずご紹介するのは「ブログアフィリエイト」です。ブログアフィリエイトのメリットはなんといっても高額報酬。下記アフィリエイター「マナブ」氏のツイートをご覧ください。

ツイートから見る限り、アフィリエイトだけで月収500万円以上を稼いでいるとのことです。凄まじい成果ですよね。ブログアフィリエイトは月収500万円〜1000万円以上稼げる可能性を秘めています。

在宅ワークとしては最高クラスの報酬額ですので、在宅ワークで一発逆転を狙うのでしたらブログアフィリエイトに挑戦することをおすすめします。

ブログアフィリエイトのメリットは「ストック型」ビジネスであるという点。一度書いた記事が半永久的に商品を売り込んでくれるため、記事を書く手を止めても売上が上がり続けます。そして記事を書けば書くほど収入が増えていくのです。そのため月収数百万円に到達することも可能ということ。

一方でブログアフィリエイトのデメリットは平均月収が数千円という点。最高月収は限界知らずなのですが、平均月収は非常に少ないのがブログアフィリエイトなのです。

なぜ平均月収が数千円なのかといいますと、ブログアフィリエイトは稼げるようになるまで半年〜1年はかかるビジネスモデルで、報酬がゼロ円で諦めてしまう人が非常に多いからです。諦める人が多い分、平均月収が少なくなってしまうということ。

ブログアフィリエイトに挑戦するのであれば諦めず、コツコツとブログ記事を更新することを忘れないでくださいね。諦めなければきっと成果につながるはずです。

プログラミング

次にご紹介するのは「プログラミング」です。プログラミングとはWebサービスやアプリ開発をする仕事。ブログアフィリエイトほどではありませんが、プログラミングも結構な高額報酬を狙えます。

下記のツイートに実際プログラミングで稼いでいる人のお声があります。

上記の方は月収60万円を記録したとのこと。しかも三ヶ月のスクール通いで実現したとのことですから、効率が非常にいいのがうかがえますよね。

プログラミングは効率よく学習すれば、数ヶ月で月収数十万円に到達することも可能です。他の在宅ワークに比べて報酬が高く、また安定しているため、プログラミングは非常におすすめの在宅ワークといえるでしょう。

ただしそれでもスキルを必要とする仕事のため、参入障壁が高いのが欠点でしょうか。参入障壁を気にする場合は次に紹介するライティングを選択してみてください。


ライティング

3つ目にご紹介する在宅ワークは「ライティング」です。ライティングはWebサイトの記事を書く仕事。文章力とネットサーフィンのスキルさえあれば誰でもできる仕事で、参入障壁が非常に低いのが特徴。ライティングをはじめて数ヶ月で月収20万円を超えることも現実的です。

では実際にライティングで稼いでいる方のツイートを見てみましょう。

上記ツイートではライター開始してすぐに月収30万円を超えていることがわかります。ライティングが稼げる在宅ワークであることがわかるのではないでしょうか。

ライティングは必要とされるスキルが少ない分、早い段階でまとまった報酬を得られるのがメリットです。とにかく早く在宅ワークで稼ぎたいという場合はライティングをはじめてみることをおすすめします。

ライティングの欠点は「単価が比較的安い」という点です。ブログアフィリエイトやプログラミングに比べれば稼げる金額に限界があり、どうしても労働時間を増やさなくては収入が安定しません。

そういった点では労働を少なくしたい場合には不向きな在宅ワークといえるでしょう。一方で労働時間に糸目を付けないで稼ぎたいという場合にはおすすめできる在宅ワークです。

単価が安くてもライティングを継続していると少しずつ単価は上がっていき、月収50万円〜70万円を記録する人も多々いますので。

Point

がっつり稼ぎたい場合は「ブログアフィリエイト」

安定感なら「プログラミング」

比較的簡単に稼ぎたい場合は「ライティング」


在宅ワークで稼げる人と稼げない人の違い

稼げる人にも稼げない人にもそれぞれ特徴があります。稼げる人の特徴は参考にし、稼げない人の特徴は反面教師にしましょう。

在宅ワークで稼げる人と稼げない人の違いについて述べていきましょう。まずは「稼げる人」の特徴について解説していきます。

稼げる人の特徴は仕事を「継続する」ことと、「単価を上げる努力をする」ことの2点です。まず「継続」についてですが、稼げる人はどんな仕事でも諦めずコツコツと継続をします。単価の安い仕事でも積み重なれば数万円〜数十万円になります。

在宅ワークは仕事を積み重ねることでしか報酬は増えていきません。特に在宅ワークを始めたての頃は単価も安いことが多いため、休日を減らしてでも仕事をするのが大切です(無理はいけませんが)。

そして次に重要なのが「単価を上げる努力をする」ことです。在宅ワークでは単価をクライアントに提案されてそのまま鵜呑みにしがちですが、それでは収入が増えていきません。

自分のスキルに適切な報酬を提案すること、つまり単価を上げる努力をするべきなのです。単価を適切に上げることができれば報酬が倍になることもザラにあります。

ただし単価アップの提案をするのはスキルがあることが前提です。スキルもないのに「単価を上げて欲しい」と提案しても承認されないことがほとんどですので、まずはスキルを磨くことから始めましょう。

上記コツコツ仕事を継続することと、単価を上げる努力をしていれば自ずと時給が上がっていき、報酬も増え効率的に稼げるようになります。

一方で、稼げない人はどういった特徴があるのでしょうか。下記2つの特徴が稼げない人にはあります。

「単価の低すぎる仕事を受注してしまう」ことと、「隙間時間をうまく使えていない」ことが稼げない人の特徴です。

まずは「単価」について。スキルがないからといって単価の低すぎる仕事を受注してしまうと、いくら働いても稼げません。例えばライティングでいえば文字単価0.3円以下の仕事は働いてもまともな報酬にならないので受注するのはやめましょう。

何事にも最低限の単価というものは存在します。あまりにも低すぎる単価が設定されている仕事はうまく見極め、受注しないように心がけましょう。

また「隙間時間をうまく使えない」というのも稼げない人の特徴。例えば在宅ワークをサラリーマンと同じような9-17時労働にしてしまっている場合などです。

在宅ワークは隙間時間の労働でも十分稼げるのがメリット。そのため朝起きて1時間、昼食後に1時間、寝る前に1時間など、通常の労働に加え、隙間時間を見つけ労働時間を捻出しなければ稼げません。

在宅ワークは時給が安いのがデメリットですので、そのデメリットをカバーするように労働時間をなんとか作ることに注力しなければならないのです。

上記稼げない人の特徴を裏返して、高単価の仕事を受注し、隙間時間を利用すれば自ずと時給も報酬も上がっていくでしょう。ぜひ挑戦してみてください。

Point

稼げる人の特徴は「継続する」こと、「単価を上げる努力をする」ことの2点が大切。

稼げない人の特徴は「単価の低すぎる仕事を受注してしまう」ことや、「隙間時間をうまく使えていない」の2点が挙げられる。

稼ぐためには効率よく時給を上げるための施策を打つことが重要!

本業から在宅ワークに本格的に切り替える時にすること

本業から在宅ワークに切り替えるには結構大変な作業をしなければなりません。しかし、きちんと予習しておけば安心です!

おすすめの在宅ワークや稼げる人の特徴を解説してきましたが、実際在宅ワークを始めようとすると色々懸念することは多いはずです。

退職願いを出したり、開業届けを出したりと不安なことばかりでしょう。そこでここからは退職〜開業までの間にするべきことを簡単にまとめました。

ぜひ参考にしていただいてフリーランスの在宅ワーカーデビューをしてくださいね。まずは退職までにするべきことから解説していきましょう。

退職までにするべきことは「退職願いを出す」ことと、「クレジットカードを作ること」です。

退職の1ヶ月前くらいに退職願を出すのが一般的。遅すぎると事務処理に手間取ってしまい、思い通りのタイミングで退職できないこともあるので早めに退職願は準備しておきましょう。

また退職する際は可能な限り円満な退社を心がけてください。というのも前職のコネクションを利用して在宅ワークをする場合も多いのですが、円満退職でない場合は仕事を取る際に色々と問題が起こる場合があるからです。

社則をしっかり読み込んで、円満な退社をしてくださいね。

退社の準備とともに「クレジットカードの発行」を済ませておきましょう。クレジットカードは社会的信用がなければ作ることが難しくなります。特に個人事業主になりたての場合は信用が足りず、カードが作れないということが多々あります。

そうならないためにも社会的信用がある会社員のうちにクレジットカードを発行しておきましょう。

「退職願い」と「クレジットカード」の2点に気をつけておけばとりあえず問題はありません。次は開業の準備を進めていきましょう。

退職した後はなるべく早く「開業届」を提出してください。開業届は税務署の窓口か、国税庁のWebサイトから入手できます。開業届の注意点は納税地で、基本的には住民票がある住所が「納税地」になります。わからないことは税務署で相談しましょう。

次は「年金、保険の切り替え」です。会社の健康保険から国民健康保険に、厚生年金から国民年金に切り替える必要があります。これらの手続きも退職後、早めにしておくことをおすすめします。

開業届と年金、保険の切り替えが完了したら個人事業主として在宅ワークを始めることが可能です。ただし、まだまだ作業は完了ではありません。「各種契約書や書類」を揃える必要があります。

業務委託契約書や見積書、納品書、請求書、領収書などから必要となる書類を作成しておきましょう。特に問題になるのは見積書でしょうか。最初の頃は相場観を理解しづらく、的外れな見積もりをしてしまうことも多いのです。

そうならないためにも相場観の調査をしっかりと行い、適切な見積書を作成するようにしましょう。

各種書類の作成が完了したらいよいよ在宅ワークを始めることが可能になります。長い道のりですが、在宅ワークを目指して頑張りましょう。

Point

退職までには「退職願いを出す」こと、「クレジットカードを作る」ことを済ませておく。

退職してからは「開業届の提出」、「年金、保険の切り替え」をする。

業務をスタートしたら「各種契約書や書類の作成」を早めに済ませる。

総括:在宅ワークで高収入を目指すならブログアフィリエイト

高額報酬の在宅ワークをしたい場合は「ブログアフィリエイトに挑戦しましょう!

以上、高額報酬の在宅ワークについてのお話でした。稼げる在宅ワークをおさらいすると、「ブログアフィリエイト」「プログラミング」「ライティング」がおすすめです。

中でもブログアフィリエイトは成功すれば月数百万円〜1000万円の報酬を得ることも可能です。そのため在宅ワークで一発逆転を狙うならブログアフィリエイトが一押しということ。

ただし注意点があります。ブログアフィリエイトは最高月収が高いものの平均月収が数千円と厳しい数値なのが現状です。安定した報酬を得たい場合は「プログラミング」や「ライティング」を選択しましょう。

プログラミングとライティングなら安定して月収30万円を達成することが可能です。リスクを冒しても高額報酬が欲しい場合はブログアフィリエイトを、安定した報酬が欲しい場合はプログラミングとライティングといったように使い分けることをおすすめします。

稼げる報酬額とスキルを考慮してあなたにとってふさわしい在宅ワークを選択してくださいね。在宅ワークで自由かつリッチな毎日を目指しましょう。

在宅ワークカテゴリの最新記事